白馬行きのスキーツアーの紹介

subpage01

長野県白馬村は北アルプスの麓にある村で、日本有数の豪雪地帯です。


白馬岳をはじめ、唐松岳や五竜岳を望む景色が美しい場所です。



このエリアには単体としては日本最大の八方尾根スキー場があり、日本有数の規模を誇るスキーリゾートとして国内外のスキー客に人気があります。


1998年に長野オリンピックの会場になったこともあり知名度が高く、宿泊施設が充実しています。
野沢温泉のような本格的な温泉街はありませんが、天然温泉(八方温泉)の入浴施設があります。白馬村は西日本からアクセスするのに便利な場所で、パウダースノーが楽しめる場所として関西方面からのスキー客に人気が高いエリアです。
関東、関西エリアから白馬方面への日帰りのバスツアーが旅行会社によって販売されています。
関東発のツアーの多くは前日の夜に出発する0泊2日の行程で、リフト付きの料金は1万円弱~1万4千円くらいです。関西発であれば往復のバス車内で宿泊する0泊3日となり、料金は1万5千円~2万円弱くらいです。
関西方面から白馬村まではかなり距離があるので、JRの特急列車を利用した宿泊を伴うツアーを利用する人も多いです。


関西発でJRの特急列車を利用して宿泊を伴う格安ツアー料金の相場は1日あたり1万2千円程度で、2泊3日であれば3万6千円前後です。

飛行機でスノボの総合案内サイトです。

関西発であれば、航空機を利用した北海道行きのスキーツアーと競合関係にあります。そのため関西を出発する格安ツアーの料金を比較すると、北海道に向かうツアーとほぼ同じ水準に設定されています。